<< CSP12のコンデンサー交換 | main | IPフォンアプリ導入 >>
2014.09.25 Thursday

ボンゴフレンディの乗用から貨物への構造変更

平成7年式を2006年(平成14年)9月に中古で購入し、
まもなく走行距離が10万kmに達します。
本来は8人乗りですが、5人以下の乗車か機材運搬がほとんどなので、
実態に合った5人乗り貨物へ構造変更をしました。

まずは、3列目のシートを撤去。
そして、2列目のリクライニング機能を使用できない状態にします。
 
レバーを切断し、リクライニング操作が出来ない状態にしました。
背もたれを前方に倒す機能は別レバーで操作出来て問題ありません。

続いて、シートのスライド機構を固定します。

ベースとシートの足の間にL字の金具を挟み込んでレバー操作が出来ない状態にしました。

なお、荷室が1/2以上を占める様にする位置は、
2列目シート後端がスライドドアの枠内であれば大丈夫です。

 
事前に熊本陸運支局で確認したところ、「積載量500kg以下であれば、仕切り棒は不要、
乗用のアルミホイールでも登録は問題無い。積載量はタイヤの耐荷重と車両重量などで決まる」
なので、ホイールとタイヤは交換しませんでした。

車検時に不要なスペアタイヤも車載工具も下ろしました。

なぜか、草と苔が乾燥したものが大量に挟まっていました。

ディーラーで光軸・ブレーキ・サイドスリップを検査してもらい、
規定値内に収まるように調整してもらいました。

前日にオンライン予約で午後1時からの回を予約。ここまでが事前作業。

ここから車検当日です。
発煙筒が期限切れだったので、LEDの信号灯を。
最大積載量を記入するステッカーも忘れてたので、
ラベルシールと油性マーカーをそれぞれYellowHatとダイキで購入。

書類に必要事項を記入して、2番コースに

外観&燈火類のチェックが終わってラインに入り、ディーゼルなので排ガスから。

サイドスリップを無事通過して、関門の速度、ブレーキ、前照灯の検査。
40km/hに上げていこうとすると上手く行かなかったので、
ちょっと踏み込んで、そこからじわじわ戻す感じでパッシング。
ブレーキもヘッドライトもすんなり行きました。


車検自体は一発合格でした。

そして、ここからが本題の構造変更です。
19年落ちの残念な外観ですが、新規レーンへと順番待ち。

前の車両が測定している様子で予習します。


そんで、自分の番が回ってきました。

外回りのメジャー測定は検査官の方と一緒に自分もメジャーの端を持ちます。
内寸は別の検査官の方が手伝いに来てくれたので見学。

黒くて丸いマーカーを付けて4方向からの記念撮影。

測定した結果を記入した用紙。

それを元に積載量などが確定しました。300kgでした。

手書きの適当ステッカーですか、次回の車検時には
「直接ボディーに手書きもしくは印刷されたステッカー貼付」と指導が有りました。

書類提出で右往左往した結果、封印が終わったのは3時30分頃。

後は任意保険の切り替えを残して無事に車検が終わりました。

費用は、
ディーラーでの事前点検検査12,420円、用紙代90円、
印紙代2,000円、非常表示灯753円、重量税13,200円
自賠責11ヶ月16,220円、ナンバー代1,560円
合計46,243円でした。
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017.11.26 Sunday 04:20
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018.01.02 Tuesday 14:20
コメントする








 
Search this site.
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Access counter
total today yesterday
Googlecalendar
  
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR (JUGEMレビュー »)

親機が7インチのフォトフレームになりタッチパネルで操作楽々、ファクシミリ受信も可能。シャープのインテリアホン JD-7C1CLと同一の商品です。メニューや初期画面が違うのですが、価格とオリジナルカラーが魅力的。
Recommend
Recommend
Recommend
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S (JUGEMレビュー »)

3500mW入力対応でしかも、カールコードは本体より脱着可能。
音質はヘッドフォンの域を超えたメリハリがあり、定位もハッキリしています。

Links
Profile
Others
Mobile
qrcode