<< ALLEN&HEATH xone:K2 とLive8 | main | リトルカブのオイル交換 >>
2013.03.22 Friday

リトルカブのキャブレターOH

 リトルカブのキャブレターからの燃料漏れが酷くなり、
以前の記事を確認したら、昨年5月には
先日走行前に燃料コックを開くと、
キャブの下部から伝って落ちるガソリンも確認できる状態でした。

燃料の漏れはパッキン不良によるものだと思われますし、
オーバーフローはフロートが劣化して、
バルブを押さえる爪の部分がユルユルになってると思われます。
ホンダドリーム熊本で月曜日(3/18)にパーツ注文して、
汎用部品ばかりだったので、火曜日の夕方には引き取りに行きました。
ガスケットセット1,533円とフロート2,005円、エアクリーナー1,008円、
チェーンケースのキャップ325円で、合計4,871円
時間がなくて、作業はきょうになりました。
ドロドロっぷりがキてますが、
前回のOHは2008年だったので、5年でこんな感じです。
走行直後にうっすら蒸発するガソリンが確認できていたので、
そのせいだと思われます。
キャブのオーバーホール前に多分一度も交換してないであろう
エアクリーナーを交換。多分15年物です。
キャブとつながるゴムパイプと固着してました。


キャブをバラして、まずはフロート。
バルブを抑えている爪の部分の遊びが大きくなってました。
2008年に交換しておくべきパーツだったのかもしれません。
フロートを外した状態です。バルブ周辺の茶色いのは、
ガソリンの成分が固着したものだと思われるので、
真鍮ブラシとパーツクリーナーで除去しました。
新品の白が眩しいです。シャフトも新品なので、
スルッと入りました。
作業後半になると手もドロドロになり、撮影する余裕が減り、
外したパッキンとストレーナーです。
一番大きなのがフロート室のパッキンですが、
ガソリンが滲んで漏れていた原因は、
このパッキンからが可能性高そうでした。
レッグシールドまで取り付けてしまってから、
撮影し忘れていたことに気付き、撮影したので、
フロート室のアップですが、
パーツクリーナーと真鍮ブラシでここまで汚れが取れました。
軽くスタンドを立てた状態で燃調しましたが、
雨が降っていたので試走できず、ここまでです。

フレンディの点検とスライドドアの交換も完了していました。
下半分のデカールが違うので、交換した事を全面にアピールしてます。
ドアはヤフオクで12,200円(送料込)、工賃が11,800円でした。
コメント
コメントする








 
Search this site.
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Access counter
total today yesterday
Googlecalendar
  
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR (JUGEMレビュー »)

親機が7インチのフォトフレームになりタッチパネルで操作楽々、ファクシミリ受信も可能。シャープのインテリアホン JD-7C1CLと同一の商品です。メニューや初期画面が違うのですが、価格とオリジナルカラーが魅力的。
Recommend
Recommend
Recommend
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S (JUGEMレビュー »)

3500mW入力対応でしかも、カールコードは本体より脱着可能。
音質はヘッドフォンの域を超えたメリハリがあり、定位もハッキリしています。

Links
Profile
Others
Mobile
qrcode