2015.02.12 Thursday

リトルカブのトラブルとメンテ

1・2速でアクセルを開けてトルクをかけると、
何かがズルズル滑って加速しづらくなったので、
原因追求と調整でどうにかならないかやってみました。

まずは、遠心クラッチの調整。
マジックでマーキングして、
ココを参考に調整してみました

調整後はキックペダルが硬くなりました。


しかし、滑る感じは残っています。
滑るのと同時に左足元から「ガー」っと音も聞こえます。

フロントスプロケット交換時から気になっていたチェーン。
画像はありませんが、チェーンカバーに乗っかってるユルユル状態。

アジャスターは限界まで締め込みましたが、それでもちょっとゆるい感じ。
症状は改善されましたが、危険なのでチェーン張替えを近日中に決行します。
2014.10.26 Sunday

スクラムのプラグ交換

マツダ・スクラム DG62Wのプラグを交換しました。
2週間ほど前にエンジンのかかりにくい状態があったので、
走行5万kmで9年経過していることを考えると、
プラグが原因であると考え、交換することにしました。

10万kmの長寿命が必要かどうかはわかりませんが、
信頼度が高いかと思いチョイスしました。

まずは助手席下を開けてヘッド上のケーブルやホースが邪魔なので
最小限度のボルトを外してカバーが外せるようにします。
必要なのは10mmと8mmのソケットレンチ。
エクステンションも使います。使用したのは1980円のセットです。

無事ヘッドカバーが外れたので、プラグまであとちょっと。
イグニッションコイルを外します。


この穴の奥にプラグが有るのですが、プラグ用ソケットと
エクステンションだけでは届かず、ユニバーサルジョイントも使いました。


中心電極のみイリジウムプラグから、両極イリジウムの
MAX(DCPR7EIX-P)への交換です。
2万km交換推奨ですから、
前々回の車検ぐらいで交換してるはずだと思うけど、
純正品番のプラグが装着されていたので、
もしかすると一度も交換してないかもしれません。

古い方は先端が台形のテーパー加工がされているので、
比較できませんが、そこそこ減っていました。



ヘッドカバー?を洗浄してみました。一番最初の画像と比較すると
黒々としてここだけ新品パーツにしたかのような錯覚が。
交換時期を記入したテプラを貼り付けて作業完了しました。

2014.09.25 Thursday

ボンゴフレンディの乗用から貨物への構造変更

平成7年式を2006年(平成14年)9月に中古で購入し、
まもなく走行距離が10万kmに達します。
本来は8人乗りですが、5人以下の乗車か機材運搬がほとんどなので、
実態に合った5人乗り貨物へ構造変更をしました。

まずは、3列目のシートを撤去。
そして、2列目のリクライニング機能を使用できない状態にします。
 
レバーを切断し、リクライニング操作が出来ない状態にしました。
背もたれを前方に倒す機能は別レバーで操作出来て問題ありません。

続いて、シートのスライド機構を固定します。

ベースとシートの足の間にL字の金具を挟み込んでレバー操作が出来ない状態にしました。

なお、荷室が1/2以上を占める様にする位置は、
2列目シート後端がスライドドアの枠内であれば大丈夫です。

 
事前に熊本陸運支局で確認したところ、「積載量500kg以下であれば、仕切り棒は不要、
乗用のアルミホイールでも登録は問題無い。積載量はタイヤの耐荷重と車両重量などで決まる」
なので、ホイールとタイヤは交換しませんでした。

車検時に不要なスペアタイヤも車載工具も下ろしました。

なぜか、草と苔が乾燥したものが大量に挟まっていました。

ディーラーで光軸・ブレーキ・サイドスリップを検査してもらい、
規定値内に収まるように調整してもらいました。

前日にオンライン予約で午後1時からの回を予約。ここまでが事前作業。

ここから車検当日です。
発煙筒が期限切れだったので、LEDの信号灯を。
最大積載量を記入するステッカーも忘れてたので、
ラベルシールと油性マーカーをそれぞれYellowHatとダイキで購入。

書類に必要事項を記入して、2番コースに

外観&燈火類のチェックが終わってラインに入り、ディーゼルなので排ガスから。

サイドスリップを無事通過して、関門の速度、ブレーキ、前照灯の検査。
40km/hに上げていこうとすると上手く行かなかったので、
ちょっと踏み込んで、そこからじわじわ戻す感じでパッシング。
ブレーキもヘッドライトもすんなり行きました。


車検自体は一発合格でした。

そして、ここからが本題の構造変更です。
19年落ちの残念な外観ですが、新規レーンへと順番待ち。

前の車両が測定している様子で予習します。


そんで、自分の番が回ってきました。

外回りのメジャー測定は検査官の方と一緒に自分もメジャーの端を持ちます。
内寸は別の検査官の方が手伝いに来てくれたので見学。

黒くて丸いマーカーを付けて4方向からの記念撮影。

測定した結果を記入した用紙。

それを元に積載量などが確定しました。300kgでした。

手書きの適当ステッカーですか、次回の車検時には
「直接ボディーに手書きもしくは印刷されたステッカー貼付」と指導が有りました。

書類提出で右往左往した結果、封印が終わったのは3時30分頃。

後は任意保険の切り替えを残して無事に車検が終わりました。

費用は、
ディーラーでの事前点検検査12,420円、用紙代90円、
印紙代2,000円、非常表示灯753円、重量税13,200円
自賠責11ヶ月16,220円、ナンバー代1,560円
合計46,243円でした。
2014.02.21 Friday

リトルカブのシート交換


純正シートにシートカバーをしてましたが、相当ヘタってきてます。
着座位置がシートとリアキャリアの間ぐらいがベストだったので、
アウトスタンディングのミディシートM17STに交換しました。

ついでにミラーもSYM製の物にしてみました。

リアキャリアはほとんど使わないので、左側のみステンレスサイドグリップを付けました。
だいぶシルエットがスッキリしました。
荷物はベトキャリで結構積めるので不便な事は無いと思います。


ノーマル14丁のフロントスプロケットを15丁にしてみました。

ほんの少しだけハイギヤードになりますが、
燃費向上とシフトチェンジのタイミングに余裕が出るのを目論んでみました。

試し乗りでは良い感じでした。
シフトダウンした時のエンジンブレーキが弱くなったのは良くわかりますが、
チェーンは交換時期なので、もう少し暖かくなったら交換しようと思います。
2013.04.08 Monday

リトルカブのオイル交換

 

今回は27,680kmで、オイルを交換。
カストロールと格安オイルを2:1にしてみました。
エンジンが温まった時のことを考えると、逆が良かったのかも。
記録が残っている前回(26,537km)でしたので、
1,143km、11ヶ月ぶりの交換です。
その間にパンクやらキャブ燃料漏れやら諸々有りましたが、
まだまだ走れます。
チェーンがそろそろ交換時期なのと、
シートを社外品に交換しようと目論見中。

2013.03.22 Friday

リトルカブのキャブレターOH

 リトルカブのキャブレターからの燃料漏れが酷くなり、
以前の記事を確認したら、昨年5月には
先日走行前に燃料コックを開くと、
キャブの下部から伝って落ちるガソリンも確認できる状態でした。

燃料の漏れはパッキン不良によるものだと思われますし、
オーバーフローはフロートが劣化して、
バルブを押さえる爪の部分がユルユルになってると思われます。
ホンダドリーム熊本で月曜日(3/18)にパーツ注文して、
汎用部品ばかりだったので、火曜日の夕方には引き取りに行きました。
ガスケットセット1,533円とフロート2,005円、エアクリーナー1,008円、
チェーンケースのキャップ325円で、合計4,871円
時間がなくて、作業はきょうになりました。
ドロドロっぷりがキてますが、
前回のOHは2008年だったので、5年でこんな感じです。
走行直後にうっすら蒸発するガソリンが確認できていたので、
そのせいだと思われます。
キャブのオーバーホール前に多分一度も交換してないであろう
エアクリーナーを交換。多分15年物です。
キャブとつながるゴムパイプと固着してました。


キャブをバラして、まずはフロート。
バルブを抑えている爪の部分の遊びが大きくなってました。
2008年に交換しておくべきパーツだったのかもしれません。
フロートを外した状態です。バルブ周辺の茶色いのは、
ガソリンの成分が固着したものだと思われるので、
真鍮ブラシとパーツクリーナーで除去しました。
新品の白が眩しいです。シャフトも新品なので、
スルッと入りました。
作業後半になると手もドロドロになり、撮影する余裕が減り、
外したパッキンとストレーナーです。
一番大きなのがフロート室のパッキンですが、
ガソリンが滲んで漏れていた原因は、
このパッキンからが可能性高そうでした。
レッグシールドまで取り付けてしまってから、
撮影し忘れていたことに気付き、撮影したので、
フロート室のアップですが、
パーツクリーナーと真鍮ブラシでここまで汚れが取れました。
軽くスタンドを立てた状態で燃調しましたが、
雨が降っていたので試走できず、ここまでです。

フレンディの点検とスライドドアの交換も完了していました。
下半分のデカールが違うので、交換した事を全面にアピールしてます。
ドアはヤフオクで12,200円(送料込)、工賃が11,800円でした。
2013.01.20 Sunday

車載テレビのフルセグ化

ワンセグは付いてますが、あまりにグダグダな映像に悲しくなるので、

格安のフルセグチューナーを購入してみました。
家庭用ですが、本体電源入力は12Vなので、
最終的にはシガーソケットで行けそうです。
とりあえずACコンバーターで100VにしてACアダプター経由。

運転席とセンターコンソールに挟んで固定。
RCAケーブルでテレビと繋いで、アンテナは既設のワンセグ用が
Fコネクタだったのでそのまま流用。

映像はフルセグなので大変綺麗です。
受信レベルは元々厳しい場所ですが、どうにか映ります。

走行中は殆どダメですね。アンテナの感度の問題なので、
SKV-3000 シャークアンテナを注文しました。
2013.01.18 Friday

フロンウィンドウの凍結防止

凍ったものを溶かすのではなく、
凍ることを防ぐ為、ポリエチレンシートで
前日から対策をしてみました。

ホームセンターの園芸コーナーにある
「マルチシート」で、透明で0.025mm厚のシートです。
何でコレなのかは、安いから。
スピーカーの防水養生用に購入していたもので、長さが取れるので便利。
で、効果はこちら↓

上の方は仕方ないですが、被っていた部分は凍ってません。

ドアに挟み込んで固定するのですが、風があると上手く行きません。
市販品の吸盤でガラス内側に固定する点は、ちゃんと考えてありますね。
2013.01.10 Thursday

フロントウィンドウの解氷

露天駐車なのでフロントガラスはこの時期 凍ってます。

色々と試しましたが、今日現在一番簡単確実でストレスフリーだったのが、

コレ。ウイルソンの超解氷スプレー

ワイパーの範囲内にスプレーして、


ワイパーを数回動かすだけで、

ちょっと斑がありますが、ウォッシャーで綺麗になります。
他のスプレーより割高な598円で購入しましたが、
ギラツキも殆ど無く撥水効果もあり、十分にその価値は有ります。

2012.05.08 Tuesday

リトルカブオイル交換 26537km

 信号待ちのアイドリングでエンストするのでオイル交換しました。

前回記録を残しているのは昨年5月25日が最終なので、
2,000km以上交換してなかったかも。(替えたような気もするのですが記録がないので・・・)

エンストの原因はオイル粘性低下だけではなさそうです。

キャブレターとエアクリーナーは、2008年のOH以来何もしていません。

オーバーフローパイプの先がちょっとガソリンで濡れてるので、そろそろヤバイです。
気温も上がってきたし、気休めですが、
パイロットエアスクリューをほんの少しだけ緩めて燃調を薄くしてみました。

(Instagramの画像を使って更新してみました)


Search this site.
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Access counter
total today yesterday
Googlecalendar
  
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR (JUGEMレビュー »)

親機が7インチのフォトフレームになりタッチパネルで操作楽々、ファクシミリ受信も可能。シャープのインテリアホン JD-7C1CLと同一の商品です。メニューや初期画面が違うのですが、価格とオリジナルカラーが魅力的。
Recommend
Recommend
Recommend
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S (JUGEMレビュー »)

3500mW入力対応でしかも、カールコードは本体より脱着可能。
音質はヘッドフォンの域を超えたメリハリがあり、定位もハッキリしています。

Links
Profile
Others
Mobile
qrcode