2016.01.07 Thursday

炊飯用土鍋導入

年末に購入した3合炊きの土鍋です。
ナフコで1,000円弱でした。
昨年から普通の鍋で毎朝炊いてましたが、
折角なら土鍋がおいしく炊けるので、
内蓋付きの専用の物にしてみました。

洗米した後に内側のラインまで水を入れたら強火。
沸騰したら混ぜてとろ火で7分ぐらい。
火を消してシャリ切りして10分ぐらいすれば炊きあがりです。

火加減が手間だと思うかもしれませんが、
他の料理の横で出来るので難しくないです。
簡単においしく炊けるのでオススメです。
 
2015.12.31 Thursday

DCP-J963N届いた〜設置

無事昨日届きました。
年末でバタバタしておりまして、本日開封〜設置

HPのB110aを撤去して、LAN関連機器のケーブルも整理して、設置してみました。
奥行きは963の方が有るので棚一杯になりましたが、
用紙を本体下部に入れておけるので、印刷時もスッキリ。

今回、USBもMacBookに繋ぐ予定でしたが、長さが足らず保留しました。
なので、963を有線LANでルーターに接続して使用することにしました。

MacBookにドライバーパッケージをダウンロードして、指示通りにインストールしました。
問題無く認識して印刷もスキャナーも使えるようになりました。

後は交換インクカートリッジをYahoo!ポイントが反映されてから購入するのと、
キャッシュバックキャンペーンの申請手続きをして完了です。
 
2015.12.28 Monday

プリンターの故障〜買い替え2015年末

2011年の1月に購入したHPのB110aですが、
給紙ローラーのギアが空回りする状態となったため、
年賀状の印刷は半手動状態での作業となりました。

ほぼ5年に渡り使用してきましたが、
本体は6千円台でしたし、互換インクでランニングコストも安く、
良い買い物だったと思います。
印刷クオリティーは値段の割に綺麗と言ったところでしたが、
写真プリントさえしなければ十分なものでした。

年末で、買い換えのタイミングとしては微妙だと思いましたが、
スキャナー内蔵タイプでランニングコストが安く、
1万円前後の予算で検討した結果、
DCP-J963N-BをYahoo!ショッピングでポチりました。
本体色で白か黒か悩みましたが、在庫は黒のみでしたので。

11,682円-300円(クーポン)-1076(Tポイント)⇒10,306円で購入出来ました。
更に1,469ポイント付くので、インクを追加購入しようと思っていますが、
互換インクカートリッジが見当たりません。
なので、詰め替えインクか純正(3,114円)を買う予定です。
メーカーキャッシュバックキャンペーンで2,000円戻って来るので、
純正インクセットを購入しても、合計で10,031円(切手含む)となり
ほぼ予算と同じとなる予定です。

やっぱり白が良かったかな?
2015.02.12 Thursday

リトルカブのトラブルとメンテ

1・2速でアクセルを開けてトルクをかけると、
何かがズルズル滑って加速しづらくなったので、
原因追求と調整でどうにかならないかやってみました。

まずは、遠心クラッチの調整。
マジックでマーキングして、
ココを参考に調整してみました

調整後はキックペダルが硬くなりました。


しかし、滑る感じは残っています。
滑るのと同時に左足元から「ガー」っと音も聞こえます。

フロントスプロケット交換時から気になっていたチェーン。
画像はありませんが、チェーンカバーに乗っかってるユルユル状態。

アジャスターは限界まで締め込みましたが、それでもちょっとゆるい感じ。
症状は改善されましたが、危険なのでチェーン張替えを近日中に決行します。
2014.11.05 Wednesday

U8 Watch 購入してみました

中華スマートウォッチを
知人にまとめて購入してもらったのが届いたので、
遊んでみました。

日本語は言語で選べませんでした。
でも、ひらがなはどうにか表示します。
一部のサイトでは日本語対応と掲載されているのは、
このあたりのことだと思います。

iPhoneとのペアリングでは通話と音楽ぐらいが使えました。
Xperiaとはアプリを入れるとヘルス管理ができますが、
カメラも使えるようになりました。
アプリはこちらから

ぼちぼち遊んでみます。
2014.10.26 Sunday

スクラムのプラグ交換

マツダ・スクラム DG62Wのプラグを交換しました。
2週間ほど前にエンジンのかかりにくい状態があったので、
走行5万kmで9年経過していることを考えると、
プラグが原因であると考え、交換することにしました。

10万kmの長寿命が必要かどうかはわかりませんが、
信頼度が高いかと思いチョイスしました。

まずは助手席下を開けてヘッド上のケーブルやホースが邪魔なので
最小限度のボルトを外してカバーが外せるようにします。
必要なのは10mmと8mmのソケットレンチ。
エクステンションも使います。使用したのは1980円のセットです。

無事ヘッドカバーが外れたので、プラグまであとちょっと。
イグニッションコイルを外します。


この穴の奥にプラグが有るのですが、プラグ用ソケットと
エクステンションだけでは届かず、ユニバーサルジョイントも使いました。


中心電極のみイリジウムプラグから、両極イリジウムの
MAX(DCPR7EIX-P)への交換です。
2万km交換推奨ですから、
前々回の車検ぐらいで交換してるはずだと思うけど、
純正品番のプラグが装着されていたので、
もしかすると一度も交換してないかもしれません。

古い方は先端が台形のテーパー加工がされているので、
比較できませんが、そこそこ減っていました。



ヘッドカバー?を洗浄してみました。一番最初の画像と比較すると
黒々としてここだけ新品パーツにしたかのような錯覚が。
交換時期を記入したテプラを貼り付けて作業完了しました。

2014.10.03 Friday

IPフォンアプリ導入

Xperia Lt25iですが、通信専用です。
So-net NURO LTE のライトプランで、
SIM追加オプションを使っているので、
速度は75kbpsに制限されています。
主にテザリングや簡易ナビ用で使ってました。

このままだとあまりに出番が少ないので、
VOIPで電話機としても使えるようにしてみました。

使用するサービスは、
CheapVoip | Unlimited Free Calls Worldwide
で、アプリは、
MobileVOIP Cheap Voip Calls
を使用しています。

詳しくまとめられてる方がいらっしゃるので、参考にしました。
おおよそですが、1分あたり固定電話0.6円 携帯電話4.0円なのです。
通話し放題のプランではないので、コレを活用すれば通信費を抑えれます。
事前にチャージするタイプで、$10だけチャージしてみました。


設定などは英語での入力が必要ですが、こちらにわかり易い解説があります。

結論ですが、75kbpsの速度でも普通に通話できました。
携帯電話に発信する場合には非通知となりましたが、
固定電話などにはメインのiPhone5sで使用している番号
(事前にSMSが受信でき、認証させている番号)
を表示させることが出来ました。
2014.09.25 Thursday

ボンゴフレンディの乗用から貨物への構造変更

平成7年式を2006年(平成14年)9月に中古で購入し、
まもなく走行距離が10万kmに達します。
本来は8人乗りですが、5人以下の乗車か機材運搬がほとんどなので、
実態に合った5人乗り貨物へ構造変更をしました。

まずは、3列目のシートを撤去。
そして、2列目のリクライニング機能を使用できない状態にします。
 
レバーを切断し、リクライニング操作が出来ない状態にしました。
背もたれを前方に倒す機能は別レバーで操作出来て問題ありません。

続いて、シートのスライド機構を固定します。

ベースとシートの足の間にL字の金具を挟み込んでレバー操作が出来ない状態にしました。

なお、荷室が1/2以上を占める様にする位置は、
2列目シート後端がスライドドアの枠内であれば大丈夫です。

 
事前に熊本陸運支局で確認したところ、「積載量500kg以下であれば、仕切り棒は不要、
乗用のアルミホイールでも登録は問題無い。積載量はタイヤの耐荷重と車両重量などで決まる」
なので、ホイールとタイヤは交換しませんでした。

車検時に不要なスペアタイヤも車載工具も下ろしました。

なぜか、草と苔が乾燥したものが大量に挟まっていました。

ディーラーで光軸・ブレーキ・サイドスリップを検査してもらい、
規定値内に収まるように調整してもらいました。

前日にオンライン予約で午後1時からの回を予約。ここまでが事前作業。

ここから車検当日です。
発煙筒が期限切れだったので、LEDの信号灯を。
最大積載量を記入するステッカーも忘れてたので、
ラベルシールと油性マーカーをそれぞれYellowHatとダイキで購入。

書類に必要事項を記入して、2番コースに

外観&燈火類のチェックが終わってラインに入り、ディーゼルなので排ガスから。

サイドスリップを無事通過して、関門の速度、ブレーキ、前照灯の検査。
40km/hに上げていこうとすると上手く行かなかったので、
ちょっと踏み込んで、そこからじわじわ戻す感じでパッシング。
ブレーキもヘッドライトもすんなり行きました。


車検自体は一発合格でした。

そして、ここからが本題の構造変更です。
19年落ちの残念な外観ですが、新規レーンへと順番待ち。

前の車両が測定している様子で予習します。


そんで、自分の番が回ってきました。

外回りのメジャー測定は検査官の方と一緒に自分もメジャーの端を持ちます。
内寸は別の検査官の方が手伝いに来てくれたので見学。

黒くて丸いマーカーを付けて4方向からの記念撮影。

測定した結果を記入した用紙。

それを元に積載量などが確定しました。300kgでした。

手書きの適当ステッカーですか、次回の車検時には
「直接ボディーに手書きもしくは印刷されたステッカー貼付」と指導が有りました。

書類提出で右往左往した結果、封印が終わったのは3時30分頃。

後は任意保険の切り替えを残して無事に車検が終わりました。

費用は、
ディーラーでの事前点検検査12,420円、用紙代90円、
印紙代2,000円、非常表示灯753円、重量税13,200円
自賠責11ヶ月16,220円、ナンバー代1,560円
合計46,243円でした。
2014.08.19 Tuesday

CSP12のコンデンサー交換

2009年に1本交換しているのですが、
今回はウーハーが鳴らなくなり発覚しました。
組み合わせ的にはCP1400で15時&リミッターON 片Chに2本のCPS12を鳴らす
無理の無い感じにしていましたが、それ以前の現場での入力オーバーが祟ったのでしょう。

激しく飛び散っています。
前回の修理の時に購入しておいたDAYTONのコンデンサーの登場です。


今回はスピコンをノイトリック製に交換していたので、
ファストン端子でケーブルが外せるようになっており、
基板を自宅に持ち帰り作業しました。

ウーハーも含めて次回の現場で簡単にチェックする予定です。

おまけ

ヤフオクで購入したワイヤレスの受信ユニットWRU-806が届いたので、
MB-806に装着してチェックしました。
今までの4波からフルスロットの6波となりました。
2014.08.11 Monday

iPhone5sの無接点充電

iPhone5sを充電の為にLightning Cableを毎回抜き差しするのが面倒なので、
Qi互換のシートとドック的な物を導入してみました。
Qi互換シート2
本来の貼り付け位置は上の場所になるのですが、受電部分のセンターが「Module」と書かれているあたりなので、
Qi互換シート1
この位置まで下げます。
Qi互換シート3
シートを先にケースにセットして、iPhone本体を後から挿入すると調度良い感じになりました。
Qi互換スタンド1
コレがスタンドです。グレーの滑り止めのラバーシートの中心がQiの送電部分だと思われます。
Qi互換スタンド2
入力はACで付属のケーブルだとヨーロッパ仕様なので、変換か別のメガネ型電源ケーブルを使用します。
Qi互換スタンド3
後ろにあるUSB出力が充実。Xperiaもこの出力を使って充電することにしました。
Qi充電中
この向きできちんと充電出来ました。これからは帰宅したらこの向きにポンっと置くだけで充電できます。
右側は専用の受話器を置いたりするスペースらしいですが、
980円と格安で購入できたので、邪魔とは言わずどうにか活用してみようかと思います。
Search this site.
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Access counter
total today yesterday
Googlecalendar
  
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR
Toffy インテリアホン ショコラブラウン TF41-IP-CBR (JUGEMレビュー »)

親機が7インチのフォトフレームになりタッチパネルで操作楽々、ファクシミリ受信も可能。シャープのインテリアホン JD-7C1CLと同一の商品です。メニューや初期画面が違うのですが、価格とオリジナルカラーが魅力的。
Recommend
Recommend
Recommend
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S
Technics ステレオヘッドホン シルバー RP-DH1200-S (JUGEMレビュー »)

3500mW入力対応でしかも、カールコードは本体より脱着可能。
音質はヘッドフォンの域を超えたメリハリがあり、定位もハッキリしています。

Links
Profile
Others
Mobile
qrcode